*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ヨーロッパの高速道路に夜間照明がない訳

140キロとかなりの速さで車が走っているというのに、

なんと、ベルギー以外の国には夜間照明がない。

夜には、車のライトだけを頼りに運転する事になる。

どうして照明をつけないのだろう?

じつは、目の色素のちがいだった。

白人は日本人などの黒い目の人種にくらべて目の色素がすくないので、

目から入る光が色素によってさえぎられにくい。

そのため、黒い目の人にくらべて、日光のような明るい光には弱いが、

暗いところではよくみえる。

白人たちは車の照明だけで十分よくみえるので、

高速道路にも照明を設けていないのである。


copy中国でいっこうにニセモノがなくならない訳copy

中国のデパートや市場で売られている様々な商品には、

じつは、

ニセモノがびっくりするほど多い。

中国や欧米や日本などの有名メーカーの名をもじってつけたニセモノがたくさん出回り、

さらに国内市場ばかりか、

海外にまで輸出されている。

中国にはニセモノだけをつくるウラのメーカーが数多く存在している。

ニセモノの製造は、上海や天津は自転車、福建は衣料品など、

商品ごとに一定の地域でおこなわれているケースが多い。

村ぐるみでニセモノを製造しているところもあるというほどだ。

もちろん、中国でもニセモノの製造や販売は違法。

ではどうしてニセモノがなくならないのだろうか?

まず、中国に統一した経済市場がないという事情がある。

中国では、

人民公社解体後の経済体制改革で中央集権的経済制度を地方分権化した。

そのため、

現在の中国では、市場はいくつかの地域経済圏にわかれており、

それぞれの地域が地元経済を保護しようとする。

自分たちの経済圏の利益になるなら、法律違反も知的所有権侵害も気にならないのである。

またニセモノの製造はほとんどが管理の手薄な農村でつくられているため、

取り締まりがむずかしいという事情もある。

これまでに摘発されたニセモノ製造工場は、

都市と農村の接点につくられたものが多く、専門の地下工場もあった。

捜査の目の届くにくい場所につくられた無数の地下工場を残らず摘発するのは、

なかなかむずかしい。

ニセモノづくりをとくに悪いことだとは思っていない人々がせっせと製造し、

さらに摘発がむずかしいため、

ニセモノがいっこうになくならないのである。

2001年末にWTOに加盟したことによって、

今後、ニセモノがすくなくなってくれることを期待したいものだが・・・・・?

世界の裏事情はこれで終わるが、話は変わってPCの裏事情について一つ紹介しておこう。

普通テキスト文字をコピーするには、コピーしたい文字に、

マウス左ボタンをクリックしながら文字をなぞっていって、

なぞった部分のどこでも良いからマウス右ボタンをクリックしてコピーを選択すればいい。

あとコピーしたいところに、マウスカーソルをもっていき

マウス右ボタンで貼り付けを選択すればコピーがとれる。

これは誰でも知っているが、

サイトによっては右クリック禁止のメーセージが出る場合がある。

その場合のテキスト文字のコピーの仕方はあるのだろうか?

それがあるのです。


web拍手 by FC2

▼続きを読む▼

この記事へコメントする














足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆

-天気予報コム- -FC2-
痛いニュース(ノ∀`)

purotoko

Author:purotoko
purotokoのブログへようこそ!
出来るだけいろいろな記事を書いて行きたいと思いますのでヨロシクです。
コメントどしどしどうぞ!! 
お返しにいきますっ(〃ω〃)

プラウザFirefoxをお使いの皆様へ。当ブログはブラグインの追加の必要は御座いませんがプルダウンメニーから全ての動画を観覧するにはフラッシュプレーヤーをブラグインで追加して下さい。なをブロガーへの訪問は水曜日&日曜日訪問するときは訪問のみとなります。基本的に水曜と日曜日の訪問は休みで一日遅れで訪問者リストを見て訪問致し訪問出来ない場合もあります。当ブログはリンクフリーで記事の更新は週一回となっております。 無料アクセスカウンター
  統計開始日2011/03/01
QR