*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


東京はサクラもちり次はチューリップと行きたいところですがひとまず写真画像は置いて、今話題になっている東京五輪エンブレムについて書いてみました。さて皆さんはどれがいいと思いますか?

A. 組市松紋(くみいちまつもん)
ShortlistedEmblems_A.jpg

歴史的に世界中で愛され、日本では江戸時代に「市松模様(いちまつもよう)」として広まったチェッカーデザインを、日本の伝統色である藍色で、粋な日本らしさを描いた。
形の異なる3種類の四角形を組み合わせ、国や文化・思想などの違いを示す。違いはあってもそれらを超えてつながり合うデザインに、「多様性と調和」のメッセージを込め、オリンピック・パラリンピックが多様性を認め合い、つながる世界を目指す場であることを表した。

B. つなぐ輪、広がる和(つなぐわ、ひろがるわ)
ShortlistedEmblems_B.jpg

選手の躍動と観客の喜びがつながってひとつの"輪"となり、世界に広がってゆく平和や調和の"和"を表現した。
肉体と精神のたくましさ、躍動感・スピード感を込めたデザインにより、「自己ベスト」を目指すアスリートの素晴らしい活躍が世界に与える感動を表す。 さらには、2020年に日本がお迎えする世界の人々への敬意とおもてなしの心を伝える。

C. 超える人(こえるひと)
ShortlistedEmblems_C.jpg


俵屋宗達(たわらやそうたつ)の風神雷神図(ふうじんらいじんず)や浅草雷門(風神雷神門)など、古くから日本人に愛されてきた風神・雷神をモチーフに、ゴールテープを切る一瞬の躍動感や、「自己ベスト」を目指し、超えようとする選手たちの姿勢を描いたデザイン。雷神の太鼓を花火に、風神の風袋を虹にたとえ、平和、多様性、調和への思いを込めた。
アスリートの強靭な心身による平和への継続的な貢献をエンブレムに託し、未来へつなげる。

D. 晴れやかな顔、花咲く(はれやかなかお、はなさく)
ShortlistedEmblems_D.jpg

「自己ベスト」を尽くすアスリートと、彼らをたたえる人々の晴れやかな表情。その感情の動きを、空に向いて開花する朝顔(英語名:morning glory)に重ねた。朝顔の種が芽を出し、蔓を伸ばして花を開き、再び実を結ぶ成長の過程が、大会への期待感や次世代への継承を示している。
江戸時代に流行し、子どもから大人まで広く親しまれてきたこの花が、2020年への気持ちを高め、世界から訪れる観客を日本中でお迎えする。

NEWS
4月17日
専門家「今までのは前震に過ぎない。これ以上の本震が今後ある」
633dc42a.jpg

専門家「これ以上の本震が今後あるかもしれない」 地震連鎖可能性否定出来ない
201604150009_000_m14日の熊本地震を上回るマグニチュード(M)7・3を観測した16日未明の地震は、強い揺れを引き起こし、九州に甚大な被害をもたらした。

熊本地震について政府は15日、日奈久(ひなぐ)断層帯(約81キロ)の北端付近が引き起こしたと判断。ところが16日の地震は、熊本県の阿蘇外輪山から宇土半島付近に延びる布田川(ふたがわ)断層帯(約64キロ)のずれだと専門家はみている。その後、震源域は北東側に大きく移動してきており、地震が次の地震を呼ぶ連鎖が懸念されている。

気象庁は、マグニチュードが大きい16日午前1時25分の地震を「本震」と位置づけ、熊本地震をその「前震」に格下げした。

本震をもたらした今回の震源は、日奈久断層帯北端の北側、布田川断層帯に乗っている。東京大地震研究所の古村孝志教授(地震学)は「16日の地震は、熊本地震をきっかけに布田川断層帯が約30キロにわたってずれたことによる地震だ」と指摘する。

震源の深さは約12キロと浅い。マグニチュードも「九州の内陸部地震では、この100年で最大だった」(福岡管区気象台)ことが、各地の被害を大きくした。

さらに、その後の地震が特徴的な動きを見せている。14日までは熊本地震で震度7を記録した熊本県益城町が余震の主な震源域だったが、16日未明の地震以降、北東の同県阿蘇地方、大分県方面に移動し始めている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160416-00010013-nishinp-soci

父「痛かったね」 娘が家屋倒壊の犠牲に
コンサート、約束したのに 父「痛かったね」 益城町
 
14日夜の最初の地震で最も大きな揺れを観測した熊本県益城町ではさらに被害が拡大。倒壊する建物が増え、道路に大きなひびが入り、各所が通行止めになった。

 「『夏には一緒にアイドルのコンサートに行こう』って3日前に約束したばかりだったんです」。深夜の地震が娘の命を奪い去り、母と娘のささやかな約束を踏みつぶした。
mmainichi20160417k0000m040004000c.jpg
由実さんの遺体を確認し、涙を流す河添さん夫婦=熊本県益城町で
2016年4月16日午前8時43分、和田大典撮影


 亡くなったのは、益城町の家事手伝い、河添由実さん(28)。16日午前、倒壊した家屋から由実さんが運び出されると、母登志子さん(56)は泣き崩れ、父の敏明さん(61)は「痛かったね」と頭をなでた。

 一家は5人家族。14日夜の地震後は、余震による自宅の倒壊を恐れて家族全員、車中で過ごした。しかし、15日は電気が通り、風呂にも入れた。由実さんは安心したのだろうか、登志子さんの「車で寝よう」との誘いを断り、自宅1階の自分のベッドを選んだ。しかし、地震で家屋は倒壊し、天井が由実さんの頭を直撃。敏明さんは「まさか、あんな揺れが来るとは。まだ結婚もしていないのに」と涙をぬぐった。

 同町の西村正敏さん(88)と美知子さん(82)夫妻は、同居する孫の洋介さん(38)と一緒に、倒壊した自宅の下敷きに。洋介さんは月明かりを頼りに何とか外に出られたが、夫妻は約6時間後に遺体で見つかった。洋介さんは「『痛い、動けない』と言う祖母の姿が見えた」と話し、救出できなかった無念をかみしめた。

 一方、同町の田上信弘さん(60)は妻さつきさん(55)とともに自宅の下敷きに。警察官らが「あと少し頑張って」と声をかける中、救出作業が続けられ、約5時間後に2人とも無事助けられた。救助活動を見守った長男の智士さん(29)は「絶望しかけていたが、無事でよかった」と涙ぐんだ。【佐野格、柿崎誠、岩崎邦宏】



web拍手 by FC2
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆

-天気予報コム- -FC2-
痛いニュース(ノ∀`)

purotoko

Author:purotoko
purotokoのブログへようこそ!
出来るだけいろいろな記事を書いて行きたいと思いますのでヨロシクです。
コメントどしどしどうぞ!! 
お返しにいきますっ(〃ω〃)

プラウザFirefoxをお使いの皆様へ。当ブログはブラグインの追加の必要は御座いませんがプルダウンメニーから全ての動画を観覧するにはフラッシュプレーヤーをブラグインで追加して下さい。なをブロガーへの訪問は水曜日&日曜日訪問するときは訪問のみとなります。基本的に水曜と日曜日の訪問は休みで一日遅れで訪問者リストを見て訪問致し訪問出来ない場合もあります。当ブログはリンクフリーで記事の更新は週一回となっております。 無料アクセスカウンター
  統計開始日2011/03/01
QR