*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

 写真の記事が多かったので、今回はニュースを一本。
 私は10階建てマンションの8階に住んでいますが、エレベーターを利用しないでよく階段を利用していますが
降りるときは簡単なのですが、上がっていくときはチョトしんどいです。
 そんなつい最近のことなのですが、何階かの住民だかは覚えていませんが、たまたま玄関のドアが開いていて
お母さんと、娘さん(園児)の会話を聞くことになりました。
 お母さん言わく「あなたはもう漏らしているのだから、トイレ行きたかったらトイレと言うんですよ」と言っていました。娘さんはお母さんの言うことをよく聞いて聞き終えたら元気に遊びにいく姿を目にしました。
 これがごく普通ではないでしょうか。ところが小学校で信じられない体罰がありました。


 公開された資料によると、今年1月、1年のクラス担任だった女性教諭(25)が授業前、クラス全員にトイレに行くよう指導。5分後に「トイレに行きたい」と申し出た女子児童(7)に、授業が終わるまで約40分間我慢するよう指示。女子児童は失禁した。

 昨年10月には、5年の男子児童(11)が給食のフルーツポンチに入っていたパイナップルを
残したため、男性教諭(26)が翌日、残っていた前日のパイナップルをこの児童に食べさせた。
事前に食べるよう約束したのに食べなかったためという。
 こういう先生がいるということは残念である。
 教職に就く前に、社会経験積ませることはできないのだろうか?
 昭和なら当たり前の話だが
まるで昭和時代にタイムスリップしたような学校である。
ゆとりから生まれた子供は今もこのような生活をしているのだろうか?
 教師を教育できない国に日本はなってしまったのだろうか?
 皆さんどう思いますか?

※画像はイメージです


ソース
http://www.asahi.com/national/update/0503/OSK201305030001.html

追伸

前回の記事でとてもう嬉しかった公開コメントの紹介です。
投函者:テラちゃんさん
投函日:2013/04/30 21:51:24
投函内容
ほんとうにおとぎの国のようですね。
こんなところで暮らすと、どんな人生を送れるのか
興味が湧いてきます。
争い事は似合わない風景ですよね。

-----------------------------------メモ------------------------

遅くなったパソコンの起動を早くする方法
1.「スタートアップ」フォルダの整理
「スタート」→「全てのプログラム」→「スタートアップ」フォルダを開き、そこに登録されている日常利用しないショートカットを<削除>します。(ショートカットを削除してもプログラムの本体は削除されません)
削除の方法はそのフォルダに入っているファイルにマウスカーソルを持っていき右クリックして削除をクリックすれば削除できます。全ての「スタートアップ」フォルダのファイルを削除したあとパソコンを再起動させます。これでいくらかは早くなるはずです。

追伸
プロガーの訪問の休みの日は、土、日のいずれかと水曜日に変わっておりますのであしからず。


web拍手 by FC2

【purotokoさんへ!!】
おはようございます!
「スタートアップ」の件大変参考に成りました。早速削除作業に入ります。有難うございました。!今日一日を楽しく暮らしたいと思います。愈々交流戦ですしね^^。!
【purotokoさんへ!!】
何時もお世話になり感謝です。!

モニターサイズの件

ぴったり画面が入ります。!綺麗です!
【purotokoさんへ!!】
何時までたってもこのようなばかげた事件が学校で起こることにはあきれ果てます。家庭も含め指導の立場にある人の再教育が必要に思いました。昔なら考えられない事が今は毎日の様にどこかで起こっています。
だから政府が倫理、道徳教育といっているので是もまた困ったものです。
教育は国が強制するものではなくあくまで社会の自発的総意で訓練されるべきです。
親や先生たちは心に肝を入れてください。!
【】
なんかこういう話しを聞いてると悲しくなりますね。
もう体罰っていうよりイジメのように思えてなりません。

トイレばっかりは仕方のないことですよね。
休み時間にちゃんと行くように言うとかすべき。

僕も牛乳が飲めないのでいつも残していましたが
こんなことされませんでしたよ。

学校をよくするためには教師ももっと努力すべき
なんじゃないかと思いました。子供達が学校って
楽しいところって感じるようにしてもらいたいですよね!
【】
こんばんは

体罰はいかんです。パワハラも反対!

【選べない】
子供は親を選べない  子供は教師を選べない
共に子供の事を考えての言動が必要で
子供の言動に注視する事が必要だと思います
失敗を攻撃せず成功を褒めて欲しいと思います
【】
先ほの答えと言う文字が間違っていました、謹んでご容赦の程を。かしこ。!
【purotokさんへ!!】
早速の堪え心よりありがたく感謝で一杯です。本当にありがたく思います。今後とも宜しくお願いいたします。!!
【purotokoさんへ!!】
又お願いです。!ォいそがしところ恐縮ですが、「アバストセキュリテイー」「アバストインフォメーション」から「期限が切れましたので以後、一切更新されません」と毎日起動したら表示されます。確かに、起動も可笑しく成りました、ブロガーさんには一回でリンクも出来なく成りました。今までは無料でしたが、最近の表示は有料です。どうしたらよいのでしょうか?困っています。無料のセキュリテイは無いのでしょうか?
【】
こんにちは~♪
体罰は子どもの心をゆがめるものですよね。
規律を守るためとか、成長させるための多少の体罰はやむを得ないという人もありますが、親からの虐待や教師による体罰で精神的にも成長したなどという話はウソだと思います。
言葉の暴力も体罰の範疇に入るでしょうね~
残念なのは大人社会にも同様のことがあることですね。
【こんにちは。】
記事に載せて頂きありがとうございます。
私事ですが、ブログ教室に通ってまして、
前回の教室でカウンターをつけたので、
そうなるとカウンターの数字が気になったりして、
それが昨日急に数字がボンッと上がっていたので、
壊れたのかなぁ…と思っていたのですが、
purotokoさんの記事のおかげだったんですね。
すごいですねぇ~!
数字が増えて、すごく嬉しいです。

どんな先生にあたるかは選ぶことができません。
いい先生ばっかりになってほしいと心から願います。
子供の時の先生の影響ってすごく大きいと思います。
先生になりたい人を先生にするのではなく、
先生はスカウト制にするというのはどうでしょうか?


【】
おはようございます。先生が未熟だったりするのかな。
【】
こんにちは@@
体罰というと最近あった、殴ったりのイメージですが
今回は、いじめのような体罰ですね・・・
どういう気持ちでやっているのか知りたいものです
ほんとにこういう人間は許せないですね!



【こんな事も有りますよ。】
授業前、トイレに行くよう指導した教員の件ですが、ある教員が異動先の小学校で受け持ったクラス、確か3年生だったと聞きましたが、そのクラスは、前年からの問題のクラスで、学級崩壊すんぜんだったようなクラス、授業が始まると、「先生トイレ」と云い、一人行くと「僕も」「私も」となり、とても授業にならなく、やむなく、授業前、その日だけ全員トイレに行かせ、「今回だけ、授業前に全員行かせたが、これからは、授業中は絶対許さない、授業前に済ませてこないで、出たくなった人はその場でやりなさい。」と、きつく云ったところ、何の問題もなく生徒は従い、その後、全て上手くいき、問題だったクラスが、学校一の良いクラスになったと聞きました。 その先生、異動した今もそのクラスの生徒との交流が有ると聞きます。 現在の先生は学問ばかりでなく、従来親がやるべきしつけまで押しつけられ、割の合わない仕事と思います。
何事も学校にお任せの親も考え物ですね。
【】
1時間いろいろ考えたけどコメントが書けませんでした(涙)
【】
昔も今も、非常識な教員はたくさんいると思います。
昔は情報ネットワークがないためにあまり発覚しなかっただけかなと思います。
教育者だけでなく自分がされて嫌な事は他人にしない、という当たり前の事が出来ない人間が多すぎます。それは、連鎖していきます
【purotokoさんへ!!】
昔のように、教師を聖職と捉えることが大切と思います。その前に、教育の基本法を改正して教育委員会、PTAを解体ないしは、改良する事が大事でしょうねー。
教員を縛りすぎると碌な教育は出来ません。それより教員の質を高める為の、教育大学の実態にメスを入れるべきと思いますねー。
【師である「誇り」】
purotokoさま、いつもご丁寧なメッセージを賜り、ありがとうございます。働き詰めの社長さまも、この連休は比較的ごゆっくりとされていたようでございます。

わたくしめは思いますに、まず、先生、つまり教”師”である誇りというものを教”員”という名に置き換えることにより一労働者に成り下がってしまったことに、多いに問題があるように感じるのでございます。この点は、日教組に大きな責任を感じていただく必要がございましょう。

先生だって人間だから・・・というお言葉をい耳にいたします。それは当然そうでございましょう。しかしながら、その”人間”は、人としての温かさや思い遣り、そして時には、生徒のことを命を懸けて諭すほどの激しさと強さを持った人でなければなりません。

うちの社長さまは、大学の授業におきましても、それも非常勤講師というお立場にも関わりませず、学生方に接するご態度は、親御様のような雰囲気でございます。わが子を教え導くがごとく、その真摯なご姿勢には、傍らに居りますわたくしめも驚いたほどでございます。「四方の海 みな腹からと思う世に・・・」でございますね。

教師と生徒は、偶然其処に居合わせたのではなく、須らくそのように出会うことになっていて、その神さまから頂いた折角の機会を無為にすることなく過ごす、いや、私こそがその出会いを生徒たちに”良き出会い”であったと言わせてみせるという”師”の誇りを胸に刻みつつ、しかし優しさを忘れずに職を全うするという信念がなくてはなりません。

まずは、人間力というもの、これをつける努力が必要でございます。教職十年の記念行事のように、民間企業に研修に行かせるような取り組みのための取り組み、ままごと遊びの研修など、何の役にも立ちはしないことでございましょう。

根本治療が為されなくてはなりません。
【】
こんにちは~♪
現代の教育行政が教師を縛りすぎていることもひとつの原因にあるようです。
当然教師の質にも問題がありますが、親にもモンスターが増えているそうですからどっちもどっちと言えなくもないでしょう。
ただ教員採用で点数主義が克服されないのと、教員現場を単なる働く場所と考えている教育委員会と教員が存在していることが、教育の質の低下につながっているのではないでしょうか。
子どもを指導するのですから教師がただの職業じないと思うのですが、現実と理想に乖離があるように思えますね^^
【こんにちは。】
教師という名の、教育業者!!
【】
purotokoさま、こんにちわ!
GWもあっと言う間!如何でしたか?

おいらは思う・・・
そこに「愛」はあるのかいっ!!!!!
【】
悲しい事ですよね・・・一体どうしたら、このような問題が解決するのか、いつも考えてます。
教員採用試験では、勉強云々よりも、人間としての心のEQの基準で、選んで欲しいですね。
【ただいま~♪】
昨夜はここにアクセスできなかったのでこれませんでした(残念)

記事とは関係のないコメントです☆
留守中のコメントありがとうございました。
「ヒカルと呼んで♪」に
ブロ友の皆様にお土産のつもりで神戸の夜景の動画載せました。
また見に来てください♡

ブログの記事はまたまた考えさせられる記事ですね。
また、夜にゆっくり読みます♪
この記事へコメントする














足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆

-天気予報コム- -FC2-
痛いニュース(ノ∀`)

purotoko

Author:purotoko
purotokoのブログへようこそ!
出来るだけいろいろな記事を書いて行きたいと思いますのでヨロシクです。
コメントどしどしどうぞ!! 
お返しにいきますっ(〃ω〃)

プラウザFirefoxをお使いの皆様へ。当ブログはブラグインの追加の必要は御座いませんがプルダウンメニーから全ての動画を観覧するにはフラッシュプレーヤーをブラグインで追加して下さい。なをブロガーへの訪問は水曜日&日曜日訪問するときは訪問のみとなります。基本的に水曜と日曜日の訪問は休みで一日遅れで訪問者リストを見て訪問致し訪問出来ない場合もあります。当ブログはリンクフリーで記事の更新は週一回となっております。 無料アクセスカウンター
  統計開始日2011/03/01
QR