*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スマグリのすすめ

話が堅くなりますので、軽く読み流してくれれば有り難いです。

黒人初の米大統領としてバラク・オバマ氏が2009年初めに就任し、エネルギー政策ではICT
(情報通信技術)を利用した双方向性の電力供給網であるスマートグリッド構想(愛称スマグ
リ)を推し進めている。

 これから遡って6年前の2003年に、日本の大学および産業界の有志が集まり、同じような概
念を提案し、国等に予算要求を何回か行ったが採択には至らなかった。そのときのスマート研
究会が出版した本『地域分散エネルギー技術』は、米国でも知られていた。この賢い電力網、
すなわちスマグリの議論をしていると、日本の電力網は米国と違ってすでに賢いのだという
方々がいる。この誤った認識のために、日本で予算要求しても相手にしてもらえなかったのか
もしれない。結論から言うと、日本の電力網はスマグリではない。


図1 従来の電力網とスマグリの違い

 従来の電力網は、図1のようにユーザーに一方的に電力を供給するだけであった。この場
合、電力会社は、各ユーザーが使う電力の総量に、いつでも同量になるように供給しなければ
ならない。これを「同時同容量」と呼んでおり、これが達成されないと周波数が変動し、最悪の
場合は停電となる。特に、晴れたら発電するが、曇ったら発電出力が激減する太陽光発電の
ような自然エネルギーを大量に導入すると、「同時同容量」が確保されるか心配になる。

 これに対し、スマグリは、図に示したようにICT技術で双方向に繋がり、各ユーザーと情報や
電力のやりとりをし、ユーザーの電力使用を「見える化」したり抑制したりする。従来の電力シ
ステムが「同時同容量」で一方的に電力を供給する技術システムであったのに対し、スマグリ
は電力や情報をやりとりし、柔軟な電力供給を行う社会システムだと言える。かつての下町
で、夕食時に醤油や塩が足りなくなったときは隣家から借りるのが普通だったように、情報を
共有し電力を融通し合うのである。

 スマグリの役割には、大きく分けて3つある。一番目は、出力変動の激しい自然エネルギー等
の再生可能エネルギーの受容を容易にする。自然エネルギーの発電量が大きいときには電
力価格を下げて、各家庭の電力消費を促したり蓄電池等に蓄えたりする。また、発電量が少
ない場合には電力価格を上げて電力消費を抑制したり、激減した場合には直接抑制したりす
る。二番目は、「見える化」により個人個人の省エネ行動を促す。電力価格等の政策効果を実
証でき、個人だけでなくコミュニティ全体の省エネを実感できることになる。三番目は、災害時
等に自然エネルギーや蓄電池等を利用して速やかに電力を供給する。電源喪失時、下町の
83%の病院が機能不全になるといわれている。また、最近増えてきた高層住宅の住民は、地
震時の避難所が自宅となっているが、電源喪失でエレベーターが停まると自由に自宅に帰れ
ない「高層帰宅難民」となる。これらを防ぐ方法を提供するのである。

 先日、東京湾岸地域にある大型の集合住宅で、朝方に電力不安定が起こった。停電をした
のではなく、周波数変調を起こし一部の電気機器等が不安定となった。原因は、いっせいに作
動したヒートポンプ式給湯器である。この機器は、電力の需要が少ない朝方に作動し、従来の
ヒータ式給湯器の三分の一程度の消費電力でお湯を沸かし保温タンクに蓄えておく優れもの
であるが、作動時間のコントロールができない。一方、家庭で発電をすると同時に、その排熱
でお湯を沸かす機器も売り出されている。約10万軒の家庭で、この機器の作動時間をずらす
ことができれば、大型原発1基分に相当する100万kWの調整電力が得られる。スマグリがあれ
ば、各家庭でお湯を沸かしたり発電したりする時間帯をずらすことにより、需要や分散発電の
調整が可能となる。

 日本の最大電力需要の約30%に相当する発電能力を持つ自然エネルギーを導入しようとす
ると、6兆円程度の蓄電施設が必要であるとの試算がある。これに代わり、これから増えるで
あろう電気自動車(船)等の蓄電器を、スマグリがあれば利用することも可能となる。2010年
春、経産省の支援を受け横浜市等でスマグリが動き出した。世界に広がることを期待したい。

追伸
●アメバー会員の皆様へ。本日メンテナンス中につき訪問出来ませんでした。
●日本のスパコン、世界一位に返り咲く。計算速度 8200兆回/秒


web拍手 by FC2

【】
日本でも震災を機にスマグリが広まれば良いんですけど。
お国がら、そう簡単にもいかないようです。
この記事へコメントする














足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆

-天気予報コム- -FC2-
痛いニュース(ノ∀`)

purotoko

Author:purotoko
purotokoのブログへようこそ!
出来るだけいろいろな記事を書いて行きたいと思いますのでヨロシクです。
コメントどしどしどうぞ!! 
お返しにいきますっ(〃ω〃)

goo 音楽 プラウザFirefoxをお使いの皆様へ。当ブログはブラグインの追加の必要は御座いませんがプルダウンメニーから全ての動画を観覧するにはフラッシュプレーヤーをブラグインで追加して下さい。なをブロガーへの訪問は水曜日&日曜日訪問するときは訪問のみとなります。基本的に水曜と日曜日の訪問は休みで一日遅れで訪問者リストを見て訪問致し訪問出来ない場合もあります。当ブログはリンクフリーで記事の更新は週一回となっております。 無料アクセスカウンター
  統計開始日2011/03/01
QR