*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

  今日はすこし難しい話になるのですが、かるく聞き流してくれればよろしいかと。
でもいつ自分の身に火の粉が降りかかってくるか考えてくださいな。

日本の株価暴落が、世界一深刻になる理由
世界的な株価の下落はまだ終わっていない

img5df8858f066a220c210315_convert_20160214032323.jpg

7月のコラムでは、中国株バブルはいったん崩壊したら、戻ることはない、また危機はやってくる、と書いた(「中国バブル崩壊」の本当のリスクとは何か)が、現在は中国だけでなく、世界的な株価崩壊が始まったかどうか、という段階まできた。

なぜ株価はこれからもっと下落するのか

世界の株はどうなるのか。日本株はどうか。個人的な予測は、世界も日本も下がる。日本がもっとも大きく下がる、というものだ。

なぜか。一つ一つ説明していこう。

世界の株式はずっと上昇を続けてきた。欧州は紆余曲折あったが、結局、上昇トレンドで来た。米国は、暴落の反動で、また異常な金融緩和により、相場上昇は加速しただけでなく、長期化し、約6年間上昇が続いてきた。景気も同様で、米国実体経済は6年間、好況が続いてきたのである。これが反転しない、というわけにはいかない。

景気とは景気循環であり、その言葉の定義からも構造からも、循環するものであり、上昇すれば下落する。好況が続けば、過熱して、停滞から不況へと向かう。山高ければ谷深し。これは、日本のバブル崩壊だけでなく、バブルも景気循環も同じであり、今後は、好況が終わり、その調整は大きく、長期にわたるだろう。
ただ、これは米国経済よりは中国経済について深刻である。それは、中国の景気上昇が、高度成長期という中期的な構造要因もあって、長期に高い実体経済の成長を続けてきたからだ。そして、不動産バブルは長期にわたり、また全土に広がり、そして水準も高く、崩壊すれば、長く深い崩壊となるだろう。

個人の「バランスシート調整」が長引く可能性

中国不動産バブルには、さらに2つ致命的な問題がある。第一に、個人が投資の主体であるにもかかわらず、自己使用のための住宅ではなく、純粋な投資物件で、売りやすいように未入居のままにして売却を狙ってきたことだ。

これは完全にバブルだ。だがバブルが崩壊したときに、商業用不動産を企業やファンドが投機の対象とした場合には、崩壊は激しくなるが、短期で調整も終わる。しかし、個人では、損切りや倒産が難しいから、調整が長引くと言うことだ。だから1回暴落して、回復してきたように見えても、それは見せかけであり、さらに深い底が待っている。

二つ目の致命傷とは、まさにこのことだ。中国不動産市場は回復を見せている。特に深センが一見勢いよく回復しているが、これは勢いがありすぎて、今後の調整が深くなるだろう。

なぜ、中国について長く語る必要があるかというと、中国の資産市場、不動産市場と株式市場は、他の市場から独立しているからだ。

あれ?それなら、世界市場には影響ないのでは?というのが普通の印象だろう。その通りだ。世界的な暴落の伝染は、投資家が同じ投資家であること、機関投資家が大規模に世界的に投資しているから起きる。そして、彼らはプロ中のプロだから、極めて論理的に行動するから、彼らは同じタイミングで売るときは売るし、買うときは買う。リスクオフになれば、世界同時にリスクオフとして売るから、同時に下落するのだ。

しかし、中国の投資家とは中国の個人と事業会社だとすると、世界のリスク資産市場から隔絶されており、暴落の伝播はない、というのが理屈である。それなのに、なぜ今回の世界暴落の時に中国が一番重要なのか。

それは、今回の株式市場の暴落が、中国の金融政策によるものではなく、米国の利上げという金融政策によるものでもなく、純粋に、中国経済の後退を中心とする世界的な新興国の実体経済の低迷が理由だからだ。この暴落は、ある意味静かで怖い。

なぜ静かで怖いかというと、パニックで非合理的に投資家が投げ売っているからではないからだ。金融的理由による売りなら、売りが出尽くせば、それで止まる。また、パニックになればなるほど、すべての膿は吐き出され、冷静に戻った後では、買いが入りやすい展開になる。

要は、気分の乱高下に市場がつきあわされる、あるいは市場が投資家を錯乱させ、それがブーメランのように市場に返ってくるだけだ。ところが、実体経済の停滞という理由で世界的に売られると、回復には実体経済が戻らないといけない。それには時間がかかる。だから、今回の下落は深刻なのである。

日本のバブルが崩壊するのも早い

最後に、なぜ日本の株価がなぜ世界の主要国で一番下がるかを述べよう。それは、日本が一番上がってきたからである。日銀が買う、GPIFが買う、という理由で海外の投資家が買い、GPIFが買うから海外の投資家が買うから、と言う理由で国内の投資家も買い、個人の投資経験の浅い人々も、最後にその流れに乗ってきた。

だから、下がり始めれば、日本だけは、金融的なセンチメントでも下がるのである。しかも、下手に公的に近い組織が買い支えるように見える展開が続くと、落ちたときにそのショックは大きくなる。他人が買うから自分も買う、というのは、まさにバブルであり、崩壊するのも早いからだ。

今後、株価は乱高下と言うよりは、次第にいったん戻したり、また下がったり、という一進一退を繰り返すようになるだろう。そのときに、明示的な、大きなネガティブショックが来たときが、大きく崩壊するときだ。それは日本発ではなく、中国か米国発だろうが、そのときに一番下がるのは日本であろう。

文献は小幡 績氏より引用

20160214035554convert.jpg

株主総会やメディアでも積極的に発言する行動派経済学者。専門は行動ファイナンスとコーポレートガバナンス。1992年東京大学経済学部首席卒業、大蔵省(現財務省)入省、1999年退職。

2001~03年一橋大学経済研究所専任講師。2003年より慶應大学大学院経営管理研究学科(慶應義塾大学ビジネススクール)准教授。01年ハーバード大学経済学博士(Ph.D.)。

著書に、『すべての経済はバブルに通じる』(光文社新書)、『ネット株の心理学』(MYCOM新書)、『株式投資 最強のサバイバル理論』(共著、洋泉社)がある。



2月28日
歴史

もうすぐ雛祭り
Hinamatsuri20160228055006.jpg
画像はお借りしております

「雛祭り」はいつ頃から始まったのか歴史的には判然とせず、その起源説は複数存在している。平安時代の京都で既に平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」として行われていた記録が現存している。その当時においても、やはり小さな御所風の御殿「屋形」をしつらえ飾ったものと考えられる。初めは「遊びごと」であり、儀式的なものではなく其処に雛あそびの名称の由来があった。しかし平安時代には川へ紙で作った人形を流す「流し雛」があり、「上巳の節句(穢れ払い)」として雛人形は「災厄よけ」の「守り雛」として祀られる様になった。

江戸時代になり女子の「人形遊び」と節物の「節句の儀式」と結びつき、全国に広まり、飾られるようになった。この遊びである「雛あそび」が節句としての「雛祭り」へと変わったのは天正年間以降のことであり、この時代から三月の節句の祓に雛祭りを行うようになったと推測されている。もっとも、この時代には飾り物としての古の形式と、一生の災厄をこの人形に身代りさせるという祭礼的意味合いが強くなり、武家子女など身分の高い女性の嫁入り道具の家財のひとつに数えられるようにもなった。その為、自然と華美になり、より贅沢なものへ流れた。

江戸時代初期は形代の名残を残す立った形の「立雛」や、坐った形の「坐り雛」(寛永雛)が作られていたが、これらは男女一対の内裏雛を飾るだけの物であった。その後時代が下ると人形は精巧さを増し、十二単の装束を着せた「元禄雛」、大型の「享保雛」などが作られたが、これらは豪勢な金箔張りの屏風の前に内裏の人形を並べた立派なものだった。この享保年間から、人々の消費を当時の幕府によって規制するため一時的に大型の雛人形が禁止された。『御触書宝暦集成』十五では、「雛は八寸以下、雛諸道具は蒔絵は不可」という制限が見られる[1]。しかし、この規制を逆手に取り「芥子雛」と呼ばれる精巧を極めた小さな雛人形(わずか数センチの大きさ)が流行することになる。

江戸時代後期には「有職雛」とよばれる宮中の雅びな装束を正確に再現したものが現れ、さらに今日の雛人形につながる「古今雛」が現れた。また、18世紀終わり近くより囃子人形が現れ、幕末までには官女・随身・仕丁などの添え人形が考案された。雛飾りは嫁入り道具や台所の再現、内裏人形につき従う従者人形たちや小道具、御殿や壇飾りなど急速にセットが増え、スケールも大きくなっていった。御殿は江戸では用いられず、関西およびその影響を受けた地方で用いられ台所道具も同様である。

江戸の古今雛には原舟月などの作家ものがあり、ガラス製の玉眼も比較的早く用いられた。京都製に玉眼が入るのは幕末である。




web拍手 by FC2

  先週(2/11)春の陽気に誘われて、浜離宮恩賜庭園(東京都)に行って来ました。
その写真を撮ってきましたので何枚かアップしました。
梅はほころび、菜の花と梅のコラボ又東京タワーと菜の花と梅の競演そして池に写る建物の景色がとても印象的でした。
  花婿花嫁さんも記念撮影にプロのカメラマンと一緒に来ていました。
  浜離宮恩賜庭園は JR「浜松町」下車 徒歩15分の所にあり、潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園。潮入の池とは、海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変えるもので、海辺の庭園で通常用いられていた様式です。
  旧芝離宮恩賜庭園、清澄庭園、旧安田庭園なども昔は潮入の池でした。しかし現在、実際に海水が出入りしているのは、ここだけです。浜離宮は、この潮入りの池や鴨場を中心にした南庭と、明治時代以降に造られた北庭とに大別されます。
  この地は、寛永年間(1624~1644年)までは、将軍家の鷹狩場で、一面の芦原でした。ここに初めて屋敷を建てたのは、四代将軍家綱の弟で甲府宰相 の松平綱重。承応3年(1654年)、綱重は将軍から海を埋め立てて甲府浜屋敷と呼ばれる別邸を建てる許しを得ました。その後、綱重の子供の綱豊(家宣) が六代将軍になったのを契機に、この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められました。
以来、歴代将軍によって幾度かの造園、改修工事が行なわれ、十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成しました。

画像 



画像 



画像 



画像 


NEWS
2月21日

人気居酒屋が10万円で「生ビール一生飲み放題の権利」を販売開始 「710万円も得します」(福岡県在住の方必見)
d5d3963e-s.jpg

人気の居酒屋が「10万円で生ビールが一生飲み放題になる権利」を販売し、大きな話題となっている。10万円(税別)を支払えば、一生ビールを無料で飲むことができるのである。最初に10万円を払うので無料という表現はおかしいかもしれないが、一生追加料金なしでビールが飲み放題になるのだ。

・多くの人たちに愛されている人気店
「10万円で生ビールが一生飲み放題になる権利」を販売しているのは、福岡県の居酒屋「スナックうまい棒」。店内が菓子の「うまい棒」で埋め尽くされている不思議な店で、多くの人たちに愛されている人気の店でもある。以下は、お店の公開コメントである。

・お店のコメント
「生ビールを愛するお客様が年間にいくらビールにお金を費やすのか計算したときに思いついたサービスです。週に2度の外食で、それぞれ600円のビールを2杯飲んだと仮定します。その場合、1月あたり約1万円のビール代がかかることになります。年間で計算すると約12万円。20歳から80歳までの60年間、ビールを飲み続けるとおよそ720万円もの金額をビールに費やすこととなります」

・710万円も得したことになる
ビールだけてなく「全ドリンク」が対象とのことなので、ビール以外も飲み放題ということになる。10万円と言う金額は安くないが、一生追加料金なしで飲み放題ということを考えると、かなり激安。上記の計算をもとに考えれば、一生に使うビールの費用は720万円。それがたったの10万円になるということは、710万円も得したことになる。これは嬉しい!!

・これを機会にを購入してみる?
ちなみに、この権利は2016年2月末まで販売するという。ビールが好きでたまらないという人は、これを機会にを購入してみてはいかがだろうか? お店でも購入できるが、インターネット上でも買うことは可能だ。
http://buzz-plus.com/article/2016/02/20/free-beer-umaibou/


web拍手 by FC2

  昼食メニューの紹介です。
ソーセージと青ねぎの炒め物<炒り卵もプラス>
ここの作り方のブログ見たとき自分にも簡単にできるなと思い、今回挑戦してみました。
食欲をそそる簡単レシビがいっぱい載っていますので皆様もぜひ挑戦してみてください。

画像 


  うま味たっぷりの荒挽きソーセージ、旬の青ねぎ、ふんわりした炒り卵で炒め物を作りました~。甘味を増すこの時期の青ねぎは緑黄食野菜で、カロテンもたっぷり含まれており、ヘルシーそのものです。炒り卵を加えることで彩りもぐっと良くなります。塩、胡椒だけのシンプルな味付けですが、青ねぎの美味しさをしっかり引き出してくれます。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・荒挽きソーセージ3~4本  ・青ねぎ(またはわけぎ)3~4本  ・卵1個

<ソーセージと青ねぎの炒め物 調味料>
・塩・胡椒適量

【作り方】
1.荒挽きソーセージ、青ねぎ、卵を用意します。
2.ソーセージ、青ねぎは斜め切りにします。卵は溶き卵にします。
3.フライパンに油を熱し、溶き卵を入れて混ぜ、半熟状の炒り卵にして別皿に取ります。
4.フライパンをキレイにして、再度油を熱し、ソーセージと青ねぎを炒めます。
5.ソーセージ゜に火が通れば炒り卵を戻し入れ、塩・胡椒で味を調えます。
6.全体をさっと炒め合わせて火を止めます。器に盛り付けて出来上がりです。
ソーセージ、青ねぎ、炒り卵のシンプルな炒め物が出来上がりました~。彩りをも良くてお箸の進む一品です。ソーセージのうま味、青ねぎの甘味、卵のふんわりした優しい食感がたまりません~♪

  最後にパンとコーヒーを付け加えて昼食メニューの出来上がりです。

画像 


  この味パンにも合うしおそらくご飯にも合うと思います。さっぱりした癖のない味で出来上がります。油っぽくならないようにフライパンに垂らす油は最小限にしたほうがいいです。
  今までは、パンにハムを挟んでレタスとチーヅで食べるのがパン食の定番でしたが、これからはこの方法が定番となり癖になりそうです。

参考文献
おうちで楽しむ簡単レシピ

NEWS
2月14日

育休不倫の宮崎謙介議員、辞職表明
6e9497d2-s.jpg

今の国会中に、育児のための休暇を取る考えを示していた、自民党の宮崎謙介衆議院議員は、みずからの女性関係について、週刊誌で報じられたことを受けて記者会見し、「道半ば、志半ばだが、信無くば立たずだ」と述べ議員辞職する意向を明らかにしました。
この中で宮崎衆議院議員は「道半ば、志半ばで、成し遂げたい政策、実現したい社会がある気持ちは今でも変わらない」と述べました。そのうえで、宮崎議員は、「しかし信無くば立たず、国会議員として主張してきたことと軽率な行動のつじつまが合わないことを、深く反省をし、議員辞職をする決意を固めた」と述べました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160212/k10010406631000.html




web拍手 by FC2

  今週2月2日、日帰バスツアーで奥秩父方面に行ってきましたのでその写真をアップしました。
  今の時期ですと氷の芸術「三十槌の氷柱」と宝登山のロウバイを見てきました。
  心に残ったものは以前にも行ったのですが「三十槌の氷柱」は素晴らしいものでした。この会場はとても寒く写真撮っているだけで鼻水が出てきます。
  写真を撮り終わった後は、大きな火鉢に木が燃えていたのでそこで温まりました。このツアーは食事付きで6990円でした。
  写真一枚目二枚目は自然にできた三十槌の氷柱で一枚目の一部をズームしたものが二枚目です。
  三枚目は人口で作った三十槌の氷柱で水をかけて作ったそうです。三枚目の写真撮影が終わった後鼻水が出るような寒さなので四枚目の写真は、階段を上がり売店のところの火鉢で暖を取っているところです。
  五枚目はこのツアーのおまけと言っていいでしょう。宝登山のロウバイです。最後に秩父駅で昼食をとったときの昼食メニューです。お椀にふたがしてありますがこれはお味噌汁です。
  宝登山のロウバイは昼前後、三十槌の氷柱は夕刻頃撮影しました。


画像 



画像 



画像 



画像 



画像 



画像 


NEWS
2月7日

政府内で「貯蓄税」と「死亡消費税」を検討
337abee0.jpg

日本経済の足踏み状態に業を煮やした安倍政権は、個人や企業が貯め込んでいる資産を吐き出させようとなりふり構わぬ“北風政策”を打ち出し始めている。要は“太陽政策”とは異なり、辛い目に遭わせることで、カネを出させようという作戦なのである。政府内で検討されているのが「貯蓄税」と「死亡消費税」だ。

貯蓄税は、今年から運用開始されたマイナンバー制度の導入により、国民の貯金額の把握が容易になったことで現実味が増しつつある。文字通り、貯蓄に対する税で、“貯める者にペナルティ”を与えることで、強制的に口座からカネを掻き出す乱暴な政策だ。

死亡消費税は3年前、首相官邸で開かれた「社会保障制度改革国民会議」で飛び出した。死亡時に残った遺産に一定税率をかけて徴収しようというもので、控除額が設けられている相続税と異なり、すべての国民が課税対象になる。
http://www.news-postseven.com/archives/20160202_381723.html



web拍手 by FC2
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆

-天気予報コム- -FC2-
痛いニュース(ノ∀`)

purotoko

Author:purotoko
purotokoのブログへようこそ!
出来るだけいろいろな記事を書いて行きたいと思いますのでヨロシクです。
コメントどしどしどうぞ!! 
お返しにいきますっ(〃ω〃)

goo 音楽 プラウザFirefoxをお使いの皆様へ。当ブログはブラグインの追加の必要は御座いませんがプルダウンメニーから全ての動画を観覧するにはフラッシュプレーヤーをブラグインで追加して下さい。なをブロガーへの訪問は水曜日&日曜日訪問するときは訪問のみとなります。基本的に水曜と日曜日の訪問は休みで一日遅れで訪問者リストを見て訪問致し訪問出来ない場合もあります。当ブログはリンクフリーで記事の更新は週一回となっております。 無料アクセスカウンター
  統計開始日2011/03/01
QR