*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

  今回は写真画像がないので、雑談となります。又今使っているカメラの紹介もさせて頂きました。いよいよ新年度、ピカピカの一年生の入ってくる時期になりますので、そこで 整理整頓の極意をお話ししましょう
  この3つさえやれば確実に整理できる!
  断捨離(だんしゃり)って聞きますよね。「段シャリ」と変換されているのをたまにみますが、あれは間違い(笑)
断捨離

断=入ってくる要らないモノを断つ
捨=家にはびこるガラクタを捨てる
離=モノへの執着から離れる

pJAZphMZEGNBtFT.jpg
画像はお借りしております

   「整理」というとどうしてもモノへ目がいきがちですが、実際に整理しなければいけないのは自分自身。モノが勝手に片付いていくことは無いので、以降のことも考えると自分自身が整理、意識改革されなければ意味がありません。
  せっかくやるんだから、それ以降もうまく整理できるようにしたい!そういう人の参考になればと思って、整理術の達人と言われる人から聞いたことも含め書きます。私は7〜8年前から実践して、正直家にあまりモノがありません。でもそのおかげで部屋を広く使えるし、押入れ・収納にも余裕あり。地震が来ても高いところに置いてあるモノがないので落下物の心配はない・・・。と、良いことはあっても、これによって起こる悪いことはなにもありません。心配になる気持ちを振り払って、さあ踏み入れよう!所有物を少なくする生活へ★

部屋を片付ける、たった3つのコツ・心得。

  この3つだけをとにかく実践すれば、簡単に素早く、効率的に片付くはず!部屋が、家の中がみるみるうちに広くなります★

   一、いらないものをみつける× いるものを残す○
「片付けよう」と思ったときに普通の人がやるのは「捨てられるもの」を探すこと。これがそもそも間違いです。「絶対捨ててはいけないもの」を探すんです。それはすなわち重要な個人情報や資産に関わるもの。普段から使っているもの。いいですか・・・「まだ使えそうだから」とか「いつか使うから」「高かったから」「人からもらったものだから」「思い出があるから」は理由にはなりません。使っていますか?いま必要ですか?それだけです。「これがなければ生きて行けない」という思い出の品なら置いておいていいでしょう。でも、片付けるタイミングになって久しぶりにみかけたものなんかは当てはまりません。今の生活に必要としていないということなので。これから先必要になるかも?そんなことはわかりませんし、必要になったとき本当にそれを使うかといわれれば、また最新式の何かを買ってしまう人がほとんどでしょう。覚えていないでしょうし。だから、とにかくやることは「今要るもの」を探すこと。それだけを残し、あとは全て捨てます。「捨てる」といいますが別にあげても売ってもOKです。ただとにかく手離しましょう。これができない人はいつまでたっても片付くということがありません。

  二、中身がわからない箱はあけずに捨てる
片付ける段階になって押入れを開けると、あれこれ何の箱だったっけ・・・?という箱に出会いませんか?そんな箱は開けて中身を確認せずに捨ててしまいましょう!!いいですか・・開けて中身をみると「これはなつかしい・・・」みたいなことになって作業が進みません。今までそれをみなくても生きてこれましたよね?そうすると、これからもそれが無くても生きてはいけます(笑)これは作業効率を保つための話です。1個1個箱を開けていくと、結局片付けではなく、懐かしむ作業で時間を膨大にとられます。そして、最終的には「またいつかみたら面白いかも」と思って捨てられなくなり・・・何も片付かない結果に。まあ全く見ずに捨てろというのは相当乱暴な話なので、開けるぐらいはしてもいいでしょう。ただし、上の話を念頭におき、何の作業をしているのか忘れないように。「いらないもの」を探しているわけではなく「いるもの」を探しているんです。

  三、この1年間使わなかったものはこれからも使わない
「今の自分にいるものかどうか」を判断するとき「この1年間に一度でも使ったか」を基準にしてみましょう。本来なら3ヶ月に一度でも・・といいたいところですが、日本では季節要因があるかもしれない。だから1年間とします。1年以上前に使ったっきり・・・というものは捨てましょう。次に使うときはこれのことを忘れ、新しいものを買ってしまう可能性大です。もしくは覚えていても新しいのが欲しくなる可能性大です。もっと性能が良いものが出ているはずですから。押入れ・収納に入っている段階で自分にとって優先順位が非常に低いものです。何のために押入れに入れておいたのか・・・それは「保管するため」です。保管するために保管してあるという、意味がわからない状況を作り出しているわけです。そこに自分の思い出が詰まっている・・とそのとき感じたとしても、この1年間みなかったもののことを本当に必要としているか考えてみましょう。それを捨てると自分の思い出も捨てるような気がする。たしかにそうかもしれませんが、実際はそんなことはない。だって、残っていないものだってたくさんあるでしょう。たまたま残っていたものだけそうやって置いておいても何の意味もありません。いつか誰かにみせて・・と思っても、別に自分以外の人にとっては何の意味もないもの。不確定要素をよりどころに行動するのはこの際やめましょう。

  さてこの三つを実践してできた押入れ・収納のスペースの使い方として提案したいのは、「カラーボックス」等の安価な棚でたんすを作り押入れに入れてしまうこと。押入れに入れるんですから、見た目は気にする必要ありません。そしてタンスを押入れに作ることができたら、部屋の使用可能スペースからタンスを追放することができます!そしたらまたスペースが増加!これをやっていくとほんとにパッと見モノが無いように見えるスッキリとした家に生まれ変わることが可能です。
41EmdGNGGjL.jpg


  では、次に普段使っている私のカメラの紹介です
カメラは
  ニコン D750 24-120 4G VR Kit
オプションとして最近買ったマクロレンズ
標準 単焦点マイクロレンズ AF-S Micro 60mm f/2.8G ED です
  これに大口径超広角単焦点レンズがそろえば言うこと無いのですが、はっきりいって
これを揃えるとカメラにかかった全金額は海外旅行2ヶ国行ってもお釣りがくる金額となります
  カメラ本体の右側のほうにリモコンコードがぶら下がっていますが、このリモコンスイッチで
シャッターを切るようになっています。当然リモコンSWを半押しすれば焦点が合うようになっています。
カメラ本体のシャッターボタンを押したときの多少のブレを軽減しています

画像 



NEWS
大阪桐蔭:裏金は毎月数十万円が理事長を含め幹部4人の個人口座に
これは完全な業務横領罪である
裏金化した時点で省令違反だ

3月29日
b89beb6b-s.jpg

ドイツ機墜落の副操縦士、元交際相手に「皆が僕の名前を知り記憶するだろう」と犯行ほのめかす発言

AFP=時事】仏アルプス(French Alps)で乗客乗員150人が死亡したドイツ格安航空会社ジャーマンウイングス(Germanwings)9525便の墜落で、同機を故意に墜落させた疑いのあるアンドレアス・ルビッツ(Andreas Lubitz)副操縦士が昨年、元交際相手の女性に対し「皆が僕の名前を知るようになる」と語っていたことが明らかになった。

独紙ビルト(Bild)がインタビューを掲載したのは、ルビッツ副操縦士の元交際相手で客室乗務員のマリア・Wさん(26)。マリアさんは9525便墜落の報を聞いたとき、ルビッツ副操縦士が昨年語った言葉を思い出したと述べている。副操縦士は「いつか体制全体を変える何かをするつもりだ。皆が僕の名を知り、記憶するようになるだろう」と語ったという。【翻訳編集】 AFPBB News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150328-00000031-jij_afp-int

この光景は全世界でも日本だけ
dianti-3.jpg

日本では桜のシーズンを迎え、円安でショッピングに有利ということも相まって、中国人観光客の日本旅行熱がさらに高まっている中、ネット上でも日本旅行後の感想が続々と書き込まれており、先日はある中国人ネットユーザーが日本旅行時に冷汗をかいたエピソードについて紹介するブログ文章を発表した。以下がその内容だ。

東京最大の地下鉄駅の1つである東京(大手町)駅。人の流れの多さは推して知るべしだ。大きなトランクを引っ張りながら、なんの気なしにエスカレーターに乗って下へと降りたのだが、進むうちに何かが違うことを感じ始めた。周囲を見ると、みんなエスカレーターの左に寄って立っているではないか。

想像できるだろうか。東京最大の地下鉄駅、しかも人の流れのピーク時に、エスカレーターに乗っているすべての日本人が老若男女を問わず、荷物の量を問わず、さらには乗るために待っている人まで、みんな静かに一列になって左側に立っている。幅1メートルのエスカレーターの真ん中にはまるで空気の壁があるようで、誰もいない右側は、追い越す人のために空けてあるのだ。

こんな不気味な光景は、巣の蜂の如くエスカレーターいっぱいに群がることに慣れている中国人、いや、世界の大多数の国民にとってどれだけ衝撃的なことか。自分のように状況を理解していない人間が気ままに真ん中に立ち、そのルールに気づいた時に吹き出す冷汗の量は、想像してもらえば分かると思う。

地下鉄にしても商店にしても空港にしても、エスカレーターがある場所ではみんな、日本人が左側に立っているのを見た。こんな光景は全世界でもこの日本だけでしか見られないだろう。そしてその様子を見れば、日本人がほかの公共スペースでもどれほどルールを守っているかが想像できるのである。

(編集翻訳 城山俊樹)



web拍手 by FC2

五百五十余年の歴史と格式

  文明元年(1469年)に中興された密蔵院は、正式名称を 「海寿山 満福寺 密蔵院」 とし、自然の息吹に溢れた川口市安行の緑の里にあり、550余年の歴史と、風格を醸し出しています。
  御本尊は、平安時代藤原期に創られた地蔵菩薩像で、明治初期までは京都醍醐寺無量寿院の末として、本寺の寺格と御朱印十一石、四十四ヶ寺の末寺を有し、川口、浦和、草加、越谷、大宮などの各寺院に影響をもたらした川口市内有数の古刹です。
  ここに咲く安行桜は染井吉野よりも一足早く満開を迎えます。沖田桜とも呼ばれる安行桜はピンクの色彩がやや濃く、花が少し小ぶりで、遠景ではやわらかいイメージに映ります。密蔵院では数十本の安行桜が境内の要所に植林され、早春に美しい景観を楽しむことができます。春のお彼岸に早咲きの安行桜が満開になるので、多くの参拝客で賑わいをみせます。
  ここに行ってきましたので写真をアップしました。車で自宅から15分位で行けます。
  一番目の写真の左側に写っている白い花が近くで撮った4番目の垂れ梅です。
  又右に写っているピンクの花が安行桜で、この時点で満開の状態ではありませんでした。
  次の二番目、三番目の写真が17日の仕事を終えて見に行ったのですが、ほぼ安行桜は満開でした。
  最後の2枚は梅の花です。
  全てマクロレンズで撮っております。
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]


画像 



画像 



画像 



画像 



画像 




NEWS
5d284c1d-s.jpg

2015年03月19日
ボールを避けようとした80代男性転倒 → 1年半後に肺炎で死亡 → 親の監督責任めぐり最高裁で弁論へ
  子供の蹴ったボールで男性転倒、死亡…親の監督責任めぐり最高裁で弁論へ
小学校の校庭から蹴り出されたサッカーボールをよけようとして転倒した後に死亡した男性の遺族が、ボールを蹴った当時小学生の元少年(23)の両親に損害賠償を求めた訴訟の上告審弁論が19日、最高裁第1小法廷(山浦善樹裁判長)であり、判決期日を4月9日に指定した。最高裁では慣例として、2審の結論を変更する際に弁論が開かれることから、両親の監督責任を認めて賠償を命じた2審判決が見直される可能性がある。

  2審が事故と死亡の因果関係を認めた点に争いはなく、元少年の両親に民法で規定される監督責任違反があったかが争点。

  弁論で両親側は「一般的な家庭と同程度に危険な遊びをしないよう指導するなど監督義務を果たしていた。2審判決は誤りだ」と主張。男性側は「両親には周囲に危険を及ばさないように遊ぶよう少年を指導する義務があった」と反論している。

  2審判決によると、愛媛県今治市で平成16年2月、バイクを運転していた当時80代の男性が、校庭から転がり出たサッカーボールを避けようとして転倒、足を骨折。直後に痴呆の症状が出て、事故から約1年半後に男性は肺炎で死亡した。男性の遺族が約5千万円の賠償を求め提訴し、1審大阪地裁は元少年の過失を認めた上で監督者の両親に責任があるとして約1500万円の賠償を命じた。2審大阪高裁も、減額したものの両親の監督責任を認めて約1100万円の支払いを命じた。
http://www.sankei.com/affairs/news/150319/afr1503190039-n1.html

2015年03月22日

00191.jpg

反安倍と思われる者がJRの電車内の広告の上から安倍首相の批判広告を貼っているのが確認された。その広告には「頭が幼稚なこども総理」「戦争が起きる国へ 自民党」「選ばれた政権 私が最高責任者」などと書かれている。

追伸
3/23 18:50
訪問者リストには足跡があるのですが、アクセス出来ません
カメラはお友達~~~
管理者 : hiromasa2



web拍手 by FC2


  見沼自然公園(所在地: 埼玉県さいたま市緑区南部領辻359−1) は何もないところですが、おそらくカモ(間違っていたらごめんなさい)だと思うのですが
車で30分ぐらいのところにあります。6枚切りの食パンを持っていきカモと遊んできました。あと最近買ったお花がありましたので、何のお花だか判りませんが知っている方は御教授を。それをマクロレンズでアップしました。
マクロレンズも購入したので試し撮りです。いずれ記事のネタがないとき、カメラとマクロレンズ紹介します。
  ここは桜の木があるので見てきましたが、あまりいいアングルで写真を撮れそうもないみたいです。あと桜が満開になったとき候補として自分の家の近くの遊歩道、グリンセンターに来るところの遊歩道、あと去年も行った辻郵便局裏の通りでここは桜が目の前に垂れ下がっているのでマクロで撮れます。桜を撮る写真の候補としてあがっております。桜が咲く頃までもう少しですね!
  その前に安行桜が満開になりますのでコチラがブログにアップする方が先です。職場の前の原っぱで安行桜の咲き具合を確認できますので、安行桜満開を過ぎ写真に撮ることは出来ませんでしたと言うことはないです。
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]


画像 



画像 



画像 



画像 


NEWS
生活保護の申請に行ったら、「あなたは25年前に死んでいるはずだ」と言われる事案が発生

警視庁調布署が1989年12月、東京都狛江市の多摩川河川敷で発見された遺体を別の男性と取り違え、家族に引き渡していたことが、同庁幹部への取材でわかった。

現在70歳代の男性が生活保護を受けるため自治体に名乗り出たことから、25年後の昨年12月に生存が判明。同庁は身元確認に誤りがあったことを男性や家族に謝罪したが、遺体の身元は今もわかっていない。

同庁幹部によると、遺体は多摩川河川敷の緑地公園で見つかった。司法解剖で死因は心不全と判明。調布署は、同署に家出人捜索願が出ていた男性と年齢や身長などが似ていたことから、男性の家族に連絡。男性の妻と兄が間違いないと確認したため、遺体を引き渡し、男性の死亡届が自治体に提出された。

ところが、男性が都内の自治体に生活保護の受給を求めた際に、戸籍では既に死亡したとなっていることが判明。男性が東京家裁に戸籍の回復を申請し、昨年12月、同家裁が警視庁に連絡。取り違えが発覚した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150312-00050051-yom-soci
f9f5615e.jpg

----------------------------------------------------------
「軍靴の音が近づいてくるような恐怖を感じる。『不安倍増』、略して『安倍』」

「不安倍増」略して「安倍」?
人間のすることとは思えない行為を、さも平然と行う。中東や北アフリカでの過激派組織の蛮行は冷酷非道、無慈悲といった言葉しか見つからない。

しかし、この一見平和に思える日本においても、忍び寄る不気味な不安を感じる。軍靴の音が近づいてくるような、暗い時代に向かっていく恐怖である。その正体は無論、現政権がつくり出す危うい雰囲気による。

「決めるのは私だ」「この道しかない」などと異論を許さず、道理や機微が通じない。狡猾(こうかつ)で専制的。首相は昨年十一月の衆院解散を消費税増税先送りを問うためと言った。アベノミクスが争点とも強調した。なのに選挙の大勝が判明した途端、安保法制を含む政策全般が「国民の信を得た」と言ってのけた。

そんな詭弁(きべん)は子どもの教育に悪いからやめてほしいが本人は本気のようだから恐ろしい。一内閣の判断で戦争への道を暴走しているかのごとくだ。このままでは国防軍になった自衛隊が他国や武装勢力と戦火を交え、血が流れる。若者らに犠牲が出る。過激派の憎悪を煽(あお)り、日本が、国民がテロの標的になる。

3・11から四年。「汚染水はアンダーコントロール」と東京五輪招致活動で国際社会に大うそをついてからも一年半。事態は改善しないのに原発再稼働、原発セールスである。息苦しさの中で戯(ざ)れ言が聞こえた。「不安倍増」、略して「安倍」だと-。 (久原穏)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2015031102000156.html


web拍手 by FC2


  先週(2/28)春を呼ぶ梅祭り行ってきましたので、そのお花をアップしました。
  今回はあまりパットしなかったです。場所はおなじみのグリーンセンターです。
  ハッキリ言ってここでお花が変わるたびに行ってブログでアップする分には一切お金かからないのでとても良いです。
  梅林でない場所からも撮っていますので全て梅ではありません。
  撮影時刻は全て午前中です。
  琴の音色を聞いてもうすぐやってくる春を待ちましょう!
  動画の画像は多少ボケテいます又風の音が多少入っていますがあしからず。
[写真をクリックして拡大した後、もう一度写真をクリックすると更に拡大して見ることができます]


画像 



画像 



画像 



画像 



画像 



画像 





追伸
2015/03/07 AM 08:38

川崎中1殺害事件の犯人現場検証がとんでもないことに! 保護しすぎ
川崎中1殺害事件で逮捕された3人の少年の内1人の少年が、本日事件現場である河川敷で現場検証が行われた。
ただその現場検証に立ち会う姿が異常なのである。
少年は少年法に守られており上空からは空撮のヘリ、そして多数のマスコミがまだ現場に居ることからどこからも撮影できないように完全な包囲網で少年を現場検証させた。
そのやりかたは灰色の布状の物で少年を覆っており、四方八方から見られないようにしている。
ネットや一部週刊誌が18歳少年の名前と顔写真を公開したことから、警察側は慎重になっているようだ。
ただ今回現場検証に立ち会った少年は3人の内どの少年かはあかされていない。
リンク
追記 2015/03/06 16:45
中に入っているのは18歳の少年とのこと。

a384d47f.jpg

保護観察処分を受けながらこのような殺害事件を起こしているのであるから更正の余地はないだろう。
ここまでして少年法で守ってやらなければいけないのか?
いささか疑問である。
未成年者でも判決で死刑になった前例があるから、この少年も死刑をもって罪を償うしかないだろう。






web拍手 by FC2
足あとを残せます。
後ほど訪問致します☆

-天気予報コム- -FC2-
痛いニュース(ノ∀`)

purotoko

Author:purotoko
purotokoのブログへようこそ!
出来るだけいろいろな記事を書いて行きたいと思いますのでヨロシクです。
コメントどしどしどうぞ!! 
お返しにいきますっ(〃ω〃)

プラウザFirefoxをお使いの皆様へ。当ブログはブラグインの追加の必要は御座いませんがプルダウンメニーから全ての動画を観覧するにはフラッシュプレーヤーをブラグインで追加して下さい。なをブロガーへの訪問は水曜日&日曜日訪問するときは訪問のみとなります。基本的に水曜と日曜日の訪問は休みで一日遅れで訪問者リストを見て訪問致し訪問出来ない場合もあります。当ブログはリンクフリーで記事の更新は週一回となっております。 無料アクセスカウンター
  統計開始日2011/03/01
QR